のぼり ホーム   |   ポイント   |   デザイン   |   オーダー   |   カラー   |   ロット   |   レイアウト   |   サイトマップ   |  

メリットを感じられるのぼり旗の配色

のぼり旗でメリットを感じられる配色は、背景と文字色を反対色にすることです。
例えば背景を寒色である青などにするならば、文字色は暖色の赤やオレンジに
するわけです。

その結果、文字の色が目立つので遠くからでもすぐに見えるようになります。
このように、宣伝効果を高めるためには目立つ配色とする必要があります。

宣伝効果

さらにのぼり旗を設置する場所によっても、その色は考慮する必要があります。
例えば白っぽい建物が並ぶ場所ならば、のぼり旗には白を使わないことが
大切です。

文字の色

いかに派手に目立つかを考えることで、宣伝効果を高めるメリットを生みます。
あるいはイベント会場の中で使用するのであれば、狭い通路でも目立つような
発色の良い明るい色を使うことがポイントです。

また文字色を際立たせるようにすることで、ほんの数秒だけ目を向けただけで
その内容を把握できるようになります。

イベント会場では、多くの人ができる限り沢山のブースを回ろうと
足早に歩いています。

ひとつのブースに目を向ける時間は、わずか数秒というわけです。

そのわずかな時間に展示するものの魅力やメリットを
分かりやすく伝えることが必要です。

そのためには配色を考えて色をいかに目立たせるか、そして
読みやすくするかを考えることです。

飲食店ののぼり旗ならば、提供する料理の写真をデザインすることになります。

それをいかに美味しそうに見せるか工夫することで、
集客力を高めるメリットを生みます。

設置の効果 活用法 イベント 注文 配色 複数 セール 注文 サイズ 納期 技法